寄付・協賛のお願い

寄付・協賛のお願い

本活動の趣旨にご賛同くださる企業・団体・個人様は、ぜひ本事業への協賛を通して活動を応援してください。本活動の詳細は下記「活動趣意書」をご覧ください。

協賛は一口10,000円より受付けさせていただきます。
協賛をいただける企業・団体・個人様は、本Webサイトのフロントページにお名前もしくはロゴマークの掲載をさせていただきます。また、協賛者様が主催されるオーガニック関連イベントを本サイト上のページにて紹介させていただきます。

協賛のお申し込み先:
Organic Week Sendai 実行委員会

事務局(高橋・山形)
〒981-0933 宮城県仙台市青葉区柏木1-2-45 フォレスト仙台5F
公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク気付
TEL:022-276-5118 / FAX:022-219-5713
Email:organicweeksendai(ア)gmail.com
※(ア)をアットマークと置き換えてください。

活動趣意書

有機農業は化学合成農薬や化学合成肥料、遺伝子組み換え技術に頼らず、自然の生命循環の中で土壌に本来備わる力を生かして営まれる農業方法です。国内では1930年代より近代的な農業技術に依存しない自然農法が提唱されるようになり、1970年代には一連の食品公害への不安と反省から有機農業を広げるための運動が全国に広がりました。

ところが、有機農業の取り組み面積は全耕地面積の0.41%と小規模なものに留まっており、有機食品が食品市場全体に占める割合も1%に遠く及びません。世間一般に浸透しているとは言い難い状況です。一方、海外では有機農業の取り組み面積が全農地面積の1割以上を占める国が増えてきており(2014年末現在で8か国)、食品市場に占める有機食品の割合もアメリカ、デンマーク、スイス、スウェーデン、オーストリアで5%以上に達しています。日本は高所得国であるにもかかわらず有機食品の消費が一般に定着しておらず、市場が潜在的な成長力を発揮するには、有機食品に対する認知と理解の向上を図っていくことが重要であると考えられます。

そこで私たちは、年に一度「オーガニック・ウィーク」を設け、その期間中に有機農業やオーガニックなライフスタイルに関連する様々な取り組み(イベントやセールなど)の実施を呼び掛けていく広報キャンペーンを宮城県内で実施することにいたしました。オーガニック・ウィーク期間中に開催される取り組みは実行委員会が集約し、ホームページ上でわかりやすく紹介していきます。取り組みを実施する方々にはロゴマークの使用やチラシの配布・ポスターの掲示等を促し、期間中の取り組み全体に一体感を出して総体的に大きな存在感を示すことができるようにしたいと考えています。

本活動は何か大きなお祭りを行ったり、大きなお金をかけて広告を出したりするものではありません。すでに存在する小さな取り組みをつなげると共に、多くの主体に取り組みの開始を呼び掛けることで、各取り組みの主催者自身の力によって、自発的に、分散的に、これまでよりも多くの人々が「オーガニック」の文字を目にする機会を増やそうとするものです。大きな補助金を必要としない、省力的で持続可能なプロモーション方法であり、有機農業の理想に真に叶った方法といえるのではないでしょうか。
本活動への皆様のご賛同とご協力をお願い申し上げます。

Organic Week Sendai 実行委員会