せんだい食農交流ネットワーク代表理事 斉藤緑里(シニア野菜ソムリエ)

OrganicWeek Sendai2016実行委員/せんだい食農交流ネットワーク代表理事の斉藤緑里です。旬の野菜果物をはじめ《日々食べるものが心と体をつくる》ということを暮らしの中で実感し、主宰のレッスンやコラムなどを通して、その大切さをお伝えしています。

12年ほど前、偶然目にした「野菜ソムリエ」に興味をもち、ほどなくして、当時設立まもない「せんだい食農交流ネットワーク」の仲間に加えていただきました。 以来、食のプロフェッショナルの先輩方やオーガニックの(orそれに近い生産方法をなさっている)素晴らしい生産者さんから、多くのことを教えていただく機会に恵まれました。

なかでも、数々の生産者さんの畑にお伺いして、収穫体験させていただくだけでなく、畑の土に触れ、太陽の光や風(ときには雨も…)を含めた周囲の雰囲気までも実際に感じることができたこと…その積み重ねが、私にとってなにより大きな財産となっています。

こうした体験によって、食材を「商品」あるいは「食べ物」というだけではなく、もっと大きな捉え方をするようになったと感じています。食卓の向こう側に思いを馳せて(=農の現場・生産者さんに気持ちを寄せて)食べられることは本当に有難く、豊かで幸せなことだと思います。

10年間主宰しているレッスンでは、地域の旬の恵みを活かして、心と体を《優しく&易しく》調える食べもの&食べかたについて、ご参加の皆様とわかちあっています。ちなみに《やさしく》がふたつあるのは、①心と体に対して《優しく》、②日頃の食事に取り入れていただくために極力シンプルで《易しく》作れるレシピをご提案したい、という思いからです。

身近な生産者さんが育てて下さったオーガニック(orそれに近い生産方法の)野菜は、ごくシンプルにいただくだけで、私たちの心も体も《優しく&易しく》調えてくれます。

・日々の食事を大切にすること。

・食卓の向こう側に思いを馳せて、思いを寄せて食べること。

生活者ひとりひとりの小さな意志と行動(ex.オーガニックウィークの取組への参加も!)が、ゆくゆくは、私たちの健康寿命を延ばすことにつながり、さらには、日本の農業を守ること、環境を守ることにも必ずつながると信じています。

せんだい食農交流ネットワーク http://syokunou.org/

Vege-Fru Lesson  http://www.midorinayasai.com/