村岡農園(Farm Muraoka) 村岡次郎さん

自分は、自然が好きなんです。自然といっても、最近は自分も自然の一部だと、この里山の中で生活をして、感じていますが。

自然は、美しい。何で、こうも美しいのだろうと思うのです。朝早く畑に行くと、太陽が出始めています。出始めた太陽の光は、植物を照らし始めます。照らされた植物には、夜の間気温が下がって夜露がついており、その夜露が太陽の光を反射させます。そして、反射させた光は、自分のいる空間をあっという間に、輝く黄金色の世界にしてくれるのです。

想像してください。 その時、自分は、ただ一言、「きれいだ」と心の中でささやくのです。自然は、美しい。そういう中で、生きる人間として、得体の知らない化学的なものを使い、他の生き物を殺していく、この自然界のバランスを壊していくというのは、受け入れがたいものがあります。例え、得体の知らない化学的なものを、どういうものなのか知ったとしても、奇妙さが残るでしょう。また、そういうものを使わなくても、植物たちは強く、たくましく生きていける。そして、そういう植物たちが付ける実を食べることで、自分も強くなれる。

確かに、経済性を考えれば、農薬、化学肥料を使うことは、効率が良いと思いますが、今の日本は飽食社会。食べ物を粗末にしてしまう社会に、それらは必要なのか、と思わされます。自分の畑の前を流れる真音川には、まだ蛍がいます。蛍の光を、将来この地にいる人々が見続けられるよう、この農園の営みを続けていきます。

 

村岡農園(Farm Muraoka)

ホームページ:http://farmmuraoka.strikingly.com/

ブログ:http://farmmuraoka.blogspot.jp/

facebook:https://www.facebook.com/farmmuraoka/